自信を取り戻すためにも包茎手術を|どの種類の包茎でも手術は可能

薬

副作用に注意する

医師と患者

日本国内で認可されているED治療薬の中にレビトラがあります。最強のチカラをもっており、持続時間が長い理由で福岡に患者がやってきます。また、最初に完成したレビトラよりも作用が強く出るため、レビトラへ乗り換える人も急増中です。反面、効果が出すぎて副作用を心配する声もあります。神戸の病院でもレビトラに関する情報を伝えた上で処方をしますが、副作用を懸念して別のED治療薬を希望するケースもあります。最も多いレビトラの副作用では体の火照りや頭痛、鼻づまりがあります。一見風邪に似ていますが、薬はくれぐれも飲まないようにしましょう。返って副作用が強く出る可能性があります。他の副作用だとめまいや血圧の変動、動機が挙げられこれらの副作用は皆感じるものではなく個人差があります。中には、レビトラを服用したことで視覚異常を訴えたり光視症になったり等の症状も出ています。これらが長引く場合は、一度レビトラの服用を辞めたほうがいいかもしれません。神戸の病院でも、ほかの薬に切り替えるようアドバイスをします。

レビトラを飲む時に必ず注意事項を神戸の病院は伝えますが、稀にそれを無視して服用する人もいます。また、効果を持続させるために連続使用をするケースもありますが血管を拡張する作用がムダに働きすぎて血圧を余計に下げる危険性があります。服用後最低でも24時間は空ける必要があります。場合によっては救急搬送される事態になりますから医師の指示通りに服用するよう呼びかけています。さらに他の薬と併用すると副作用がさらに強く出る可能性がありますから神戸で処方してもらう時に覚えておきましょう。